神庭遺跡


神庭遺跡資料室からのお知らせ

中原養護学校は、縄文時代中期から古墳時代中期にかけての、遺跡の上に建っています。
資料室には、川崎市民ミュージアムの協力を得て、遺跡から発掘された土器などが展示されています。
郷土史の学習資料として、この小さな資料室をどうぞご活用下さい。詳しくは、「中原養護学校 支援連携グループ 神庭遺跡資料室担当」までお問合せ下さい。

 TEL 044−755−8872
 支援連携グループ
 神庭遺跡資料室担当